HIGH&LOW

category

archives

seach

『パーティーショット』楽しいです!

先日お伝えした新しいカメラ!
【サイバーショット DSC-WX1】

その【パーティーショット】という機能
撮影してみると結構自然な笑顔のシャッターチャンスを逃さずに自動で撮ってくれる。


↓古巣ネイチャーデコールに遊びに行き、大浦さん平野さんを撮影。

↓中島のスマイル〜。





↓やっぱりこれ(IPT-DS1)買おうかな〜。






 

NEWコンパクトデジカメ購入!【サイバーショット DSC-WX1】

サイバーショット DSC-WX1

以前、ブログでお伝えしたこのカメラ
ようやく手に入れまして遊んでおります〜。




写真家「イワーキー」!


NATURE DECOR実例の写真「イワーキー」とクレジットが入っているの気づきました?
ネイチャーデコールフリークの皆さんは気づいてますよね〜。

そう。「イワーキー」とは
俺「岩切 剣一郎」が撮影した画像の物です。



実例のほとんどが俺が撮っていますが
今後も俺の撮った画像は著作権?の問題で「イワーキー」と入れていきます!
何が問題になるのかよく分からんけど(笑)


使用したい場合は、金を積んで頂ければ利用してもいいでっせ。。うっしっしっ(o`∀´o)
悪徳カメラマンイワーキーより。

カメラ入門TV講座のすすめ NHK趣味悠々『シーン別 デジタルカメラ撮影術入門』

カメラの機能ってわかりにくいですよね?

かといって
「教えてくれる人もいない。」
「本などを読んでも理解できない。」


なんて、少なくとも俺はそうです。


NATURE DECORで家を建てたばかりの
親バカ「NUTSさん」など最近一眼レフカメラをデビューしたパパに
ちょうどいい講座を
NHKの「趣味悠々」という番組で
3ヶ月に渡って放送始まりました。

「一眼レフ」だけでなく「コンパクトカメラ」も同じ
わかりやすく解説してくれるので是非!


NHK趣味悠々
シーン別 デジタルカメラ撮影術入門

(↑放送日程も記載されてます)



テキストが本屋さんに売ってますよ〜。


前回の「デジタル一眼レフ 風景撮影術入門」の放送で
俺は入門しました(笑)
いま再放送してますよ〜!

いつかは行きたい!ギリシャ(サントリーニ島)

昔からいつかは絶対行きたいと思っている
とても美しいギリシャのエーゲ海の島 「サントリーニ島

現在、施工中のお施主様で
ご家族で先日ギリシャに旅行に行かれ
家族で共通の趣味でもある「カメラ」
素敵な画像を撮ってきてくれて
俺に見せてくれたのですが
どれも素晴らしくて、もったいないので
「ブログを観ている皆さんにも公開していいですか?」と
許可をとりましたので
一部アップしま〜す!癒されちゃってください!










↑これは娘さんの作品です。いいね〜!
しかも奥様はネイチャーデコールでアトリエ兼住居を手がけさせて頂いた
写真家でもある「春日広隆」さんのワークショップに通い腕を磨いています!


Picasaというフォトアルバムにアクセスし
スライドショーで観ると
コメントも入っていて
おもしろいのはもちろん
カメラに興味ある人は
とても勉強になります!
「あ〜こんなところ意識して撮ってるんだ〜!」と
刺激になります。
http://picasaweb.google.co.jp/tigers.sregit/BestInGreece
是非観てみて!



このお施主様は
仕事の関係で数年前までギリシャに住まわれていて
家族みんなアート好きで感性豊かです。
その後、日本に帰国して定年退職をきっかけに
自分たちの理想の住まいを求めて家造りをしていました。
他社で話を進んでいるところを、どうしても
イメージが伝わらなくて、不安に思われていたところ
NATURE DECORに出会い、イメージを理解して実現してくれる
ところを見つけて現在に至ります。
(特に最初、ご主人はNATURE DECORに大反対いや猛反対でした(笑)
そりゃそうですよね〜。
訳わからない若造が設計しているから不安にもなりますよね〜。
でも、今はとても信頼してくれています。)

ご家族みんなこだわり屋さんなので
意見をぶつかり合いながら
まとめて行くのは大変ですが
とても俺たちを信頼してくれているので
理想の素敵な家になるように
応えていきたいと思っています。



オープンハウスするので完成を期待していてくださいね!

欲しいもの (動画撮影機能付き一眼レフカメラ)

 世界初となる動画撮影機能「Dムービー」搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「ニコンD90」発売!





一眼レフ動画の特徴は
大口径レンズのボケ味を活かした撮影など、豊富な交換レンズを使った様々な表現が行なえるほか、大型センサーを採用したことで「夜景などの暗い場所での動が撮影にも威力を発揮する」

いつも、コンパクトカメラみたいに動画が撮れないかな〜って思っていたら、やっと出るようです。

さらに、ファインダーを覗かずにモニターを見ながら撮れる
「ライブビュー撮影」機能も搭載。
しかも「顔認識AF」も。すごい。かゆいところに手が届くって感じです。

これでビデオクリップ作ったら楽しそう〜!

サンプルムービーもすばらしいです。



今後この動画機能が標準になっていくでしょうね。



SONY「α」
で早く出してくれないかな?
持ってるレンズが合わないからもったいない。
何で規格統一してくれないんだろう〜〜〜。プンプン!

CANONもフルHD動画撮影できるEOS 5D Mark IIを発表したけど30万は高いよな〜。


 あ〜〜〜〜。
欲しい物がたくさんあって困る〜〜〜。
 iPodTOUCH・車・自転車・サーフボード・今年のアウター・・・・・

誰か買ってくれないかな〜(笑)

岩切アラーキー(撮った写真の活用方)


お子さんやインテリアなどの写真を撮って額にいれたり、壁に貼ったりする楽しさを紹介します。

先日竣工パーティーの時にプレゼントで作っていった作品。

 
↑お子さんの「手」と「顔」
少しフィルターかけて加工し仕上げてた。
額はもちろんIKEA(笑)印刷含めて1つ4〜5千円で出来ちゃいます!



パティオドアをぼかしてモノトーン気味に。





里紗ちゃんもお気に入り〜


↑撮影中の俺。

以前、お子さんを撮って壁に貼った実例がこれ
K邸の子供部屋に。


↑子供部屋に大胆にインテリアとしてと入りれて。


素人カメラマンでもここまでできちゃうので
是非、親バカのパパたち挑戦してみてくださいね!



俺の自宅ではこんな荒技も!
本からコピーして入れちゃえ〜!(笑)




↑玄関にBANKSY



↑リビングにCharles Peterson
今は亡きあのカートコバーン こんな感じで写真をインテリアに取り込んで気軽に楽しんじゃってくださいね〜〜〜!

写真撮影して旅の思い出を上手に残す5つのコツ

なかなか分かりやすい撮影のコツがあったのでみてみてください。 旅行先の風景などを撮影して思い出に残すということはよくあるわけですが、やはりできればそのときの空気感や雰囲気、情感なども撮影して残しておきたいところ。

というわけで、どういう風に撮影すれば上手に思い出を残すことができるのか、ちょっとした5つのコツは以下から。旅行以外の撮影にも応用できます。


The A-B-C-D-E of Travel Photography

・A:風景を撮影するときに「アクション」を入れる
単なる風景を撮影するときでも、その中に「動いているもの」を加えることでスケール感を出すことが可能です。


・B:被写体を真ん中に置かない
これは「フレーミング」と「3分の1の法則」を使え、ということ。わかりやすく言うと、被写体をど真ん中に据えて撮影すると素人臭くなる、と。例えば下記の写真の場合、右側に偏らせることで左3分の1を空け、全体のバランスを保っているわけです。


・C:物語を構成する
パターン・質感・アングル・鮮やかな色・被写体の位置・クローズアップ・フレーミングなどを駆使して、写真自体に物語性を持たせると良い、というわけ。例 えば以下の写真では電球を頭部の上に来るようにして、さらにバックパックを見えるようにして、彼の視線が壁の額の方に向くようなアングルにしています。


・D:被写界深度
被写界深度」のエリア中に撮影の主題となるものを入れるということ。つまり、被写体をシャープに撮影できる距離というものがあるので、その撮影範囲(レンジ)の中に入れて撮影するということです。


・E:時間と場所の感覚を呼び起こす
旅行の写真というのは、そのときの時間や場所の記憶を呼び覚ますためのもの。例えば以下に壁の前を歩いている修道女の写真というのは、見たときの感覚などをよみがえらせやすい、というわけ。影の長さが時間を表し、背景の風景などでどこかというのもわかりやすくなります。


これら5つのコツを心がければ、あとで見たときに旅行の記憶を鮮烈に思い出させてくれるような写真が撮れる、というわけです。 コンパクトカメラでも十分とれるので、意識しながらパシャパシャ撮ってみるとだんだん上手く撮れるようになるので、写真撮るのが楽しくなるはずです!

レンズ追加!(シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM)

「一眼レフデビュー」して早1年は経った。

カメラにはあんまり詳しくないけれど、最初に買ったレンズが使いやすく満足していたが、もっと楽しみたいという願望が出てきてこのサイトでわかりやすく紹介されていたレンズが欲しくなり、ヤフオクで格安にて購入!
ボディはSONY α100

今回購入した単焦点レンズ
シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM 。

開放F値1.4の明るさ!!!

このレンズの特徴は
・「背景のボケた」奥行き感のある表現ができる。
・室内などの暗いところでも明るく、シャッタースピードが速いので「動く物にもボケにくい」。




背景ボケてますね〜。

愛娘フレンチブルドッグのNINOで背景のボケ具合をお楽しみください(笑)







夜の室内で動きのある物でもこんなに「くっきり明るく」撮れますね〜!








でも結構難しいレンズでもあるかも!?


最初に購入したズームレンズ。
シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC


オールランドで使えて使いやすいです!
この1本は必需です。レンズを換えるのがめんどくさがりの俺には。笑

200mmくらいのズームじゃないと、こんな表情のおじいちゃん撮れんからな〜。

ネイチャーデコールの実例写真はほとんど俺が撮っているので、もっとスキルアップしてイメージの伝わりやすい写真撮れる様にがんばりマッセ〜!

機種変更〜!SO905iCS(Docomo)

2年ぶりに携帯電話をSO905iCSに換えてみた。

ずっとSONYを愛用しているから
今回は「サイバーショット」が内蔵されるという事で
カメラの機能が充実しブログへのアップも安易にできる機能が搭載されている。
サイバーショットで使われている機能や技術が盛り込まれているが、そこまで必要ないかな〜?とにかく撮影スピードを速くして欲しい。

カラーはホワイト+ゴールド
ちとデカイけどなかなかいいです!
ディスプレイも大きくキレイ!


スライドでキーが出てくる。
自宅のPCでナップスターの定額料金で利用しているから、この携帯でも好きな曲をダウンロードし放題!


こうやってカバーをスライドしてレンズを出すと、カメラの機能が自動で立ち上がる。

ポケットの中で勝手にスライドして立ち上がっている事もあるからどうかな〜?


本格的なレンズ。


↓これが実際にこの携帯で撮影した画像




やっぱり、スピードが遅く画質もイマイチ。
今使っているコンパクトデジカメには適わないね。


最近、SONY製品を買うと梱包に発泡スチロールを使わずに全て「紙」で作られている。
この梱包を設計している人!あんたは凄い!

商品を出した状態。

解体するとペッチャンコ。
よく考えて少ない材料で立体的に作っているのには、感心するな〜〜〜。



このブログには結構携帯の画像を使う事が多いので、更に携帯で撮ってアップしていきまっせ〜〜〜〜〜!!!