HIGH&LOW

category

archives

seach

木材の生産現場見学



三重県の松阪入り。

「松阪牛」で有名だけど実は

「お茶」や「杉」「ヒノキ」などでも有名な場所。

その松阪市飯高町はこんなに自然が美しい場所。

その生産者の方々へ、ディスカバー・ジャパンの編集長と

お邪魔して見学させて頂いた。


飯高町の創業300年の歴史ある「叶林業」さんへお邪魔した。



林業とは100年単位の事業で時代を跨いでの

スケールのデカイ仕事だった。

 

しかも、いかにまっすぐ節のない育ちのいい木を

どうやって増やして行くかDNA単位で考え育てていた。



その後、製材販売してる「もくいち」さんへ伺った。

 

年齢が凄い樹齢のカウンター材を数々取り扱う。

 

地元のヒノキや杉を加工してスツールなどにしていた。

 

皆さんと記念撮影〜。

 

いや〜製品化された材料しか取り扱う事なかったが

生産のところから触れ合うのは凄い刺激的だった。

 

皆さんの想いやスケールの大きさに圧倒された。

歴史や地球規模で視野を広げ生産している事が

もっと消費する側も認識しておくべきだな〜と感じた。

 

 

飯高町の皆様ありがとうございました。

僕らも貢献出来るように頑張ります〜!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック